スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これもハマる!

好きな本のジャンル、第2位は推理小説。
洋の東西、作家の老若は問いません。

本屋や図書館でパラッとめくって、勘で選びます。
あ~、たまに書評とかも参考にします。

で、ずっと読み続けてるシリーズがこれ。

パトリシア・コーンウェル著 検屍官シリーズ
初版が1992年で、昨年暮れにシリーズ16作目が出てます。

ヴァージニア州の女性検屍局長である主人公が
殺人事件のナゾを解明していくのですが
「最新の技術を駆使した科学捜査」がウリ。

“ほほう、そんな事ができるんですか!”と感心しながらも
ズルズル話に引きずりこまれていきます。

なぜか、最新シリーズはいつも12月に出るので
大掃除や年賀状作りのプレッシャーと戦いながら、読みふけってマス

ただ、本好きの友人に「おもしろいよ~」と勧めたのですが
「グロすぎて読めない」と言われました・・・。

苦手な人はヤメたほうがいいかも知れません。




AUTHOR: レック DATE: 06/11/2008 17:56:33 グロいのは多分大丈夫だけど、
外国人著ってゆーのがな・・・
今まで読んだ本で外国人著はあんまし面白いのがなかった。
ダレンシャンとか、オ・ヤサシ巨人BFG(知らないか)とか。
だいたい途中で読むのをやめてるのが外国人著。。。

推理小説の外国人著は読んだことないのですが、
面白いですか??
スポンサーサイト

コメント

そっか~、「あきる派」か・・・。
とりあえず、いろいろ読み漁ってみると好みの本が見つかるかもね。

そういえば、ダレンシャンは少年サンデーで、連載中でした。
うちの娘の報告デス。


こんばんは。お久しぶりです。

最近は、本を読む時間がほとんど取れなくて、
お借りしている、「鹿男・・・」も2ページくらい読んだだけで。すみません。

小説は、この所、携帯でダウンロードして読んだのが、
横山秀夫の「顔FACE」と、「動機」、「陰の季節」。
どれも短編で、警察官ものでした。

今度映画で「クライマーズハイ」っていう、日航機の
墜落事故のを扱ったのをやるらしいです。
先日観た、「相棒」の前に予告で流れました。

携帯小説は、ちょっとした空き時間にさっと出して読めるので
いいんですよ~~(病院とかは×だけど)

りんごパイさん、こんにちは~
携帯小説は未経験ですわ・・・。「恋空」みたいなのばっかりかと思ったら
そうでもないんですね。
「クライマーズハイ」は観たいと思ってます~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://daradaraneko.blog37.fc2.com/tb.php/95-5fe2bdf8

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ぷりきゃら

ぷりきゃら

この世で一番好きな物
「猫のにくきゅう」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。