スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西の魔女が死んだ

今週は映画づいていて、土曜日に2本目を観ました。
これは、娘も観たいと言ってたので一緒に映画鑑賞。

覚悟はしていたけれど、予想通り「涙ボロボロ

お話は「急展開」や「どんでんがえし」といったものはなく
静かに・・・静かに進んでいきました。

途中、ちょっと間延びしちゃったかな~というところもあったけれど
おばあちゃん役の、サチ・パーカーさんはイメージとおりでした


原作は2年前、娘がお世話になっている先生に
勧められて購入

いちおう児童文学なので、
字も大きめだし、話もシンプルです。

でも大人が読んだあと感じることと、
子どもが読んだあと感じること、
きっと、いや絶対違うと思います。

ちなみに、ラスト2ページはね~もう涙ボロボロで大変でした。

「泣ける」とか「感動した」ではなく、
「心にズキンと刺さる」本です。






AUTHOR: 喜んぶ DATE: 07/01/2008 19:56:54 こんばんは。
コメントしようか迷ったのですが、、、。
実はこう云うの、弱いんです。見たり読んだりする時は絶対に一人!!
似合わないですよね(^_^;)ハハ
。。ホント、purin-nanoyoさんは読書家でも有られるのですね!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://daradaraneko.blog37.fc2.com/tb.php/109-e5d55050

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ぷりきゃら

ぷりきゃら

この世で一番好きな物
「猫のにくきゅう」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。